【50代】コンプレックスがある私の婚活パーティー結果|婚活体験談ブログ

【50代】コンプレックスがある私の婚活パーティー結果

 

【自分のスペック&婚活スタイル】

  1. 性別

    女性

  2. 自分の容姿

    ポッチャリ/足が不自由

  3. 職業

    webライター

  4. 年収

    約300万

  5. エリア/パーティー種類/参加人数

    広島/パーティー会場/男女約30人

 

 

婚活パーティーに参加したきっかけ

 

杖を突く女性

 

私は幼い時から足が不自由で、そのことがコンプレックスだったこともあり、この年になっても良い恋人が見付かりませんでした。
そんな中、私と同じように足が不自由な後輩が結婚したんです。

 

「どこで、相手を見つけたの?」と尋ねたら、「婚活パーティーで出会いましたよ♪」と、その後輩が教えてくれました。
その話を聞いてから、「私も婚活パーティーに参加してみよう!」という気持ちが高まり参加してみることにしました。

 

婚活パーティ会場の雰囲気

 

パーティーに行く前に自分が持っている洋服の中から出来るだけ、女らしい明るいパステル調の服を選びました。
会場は駅から近い、ホテルの会場でしたので分かりやすく行きやすかったです。

 

開始時間は、16時からでしたが私は会場に1番早く着いてしまいました(笑)
着いた時間は、15時40分頃でパーティーが始まる20分以上前です。

 

会場に入っていくと、そこにはスタッフの方が既にスタンバイされていて、本人確認として健康保険証を提出して名前をスタッフの方に伝えると番号札を渡されました。
私は1番乗りだったので①番の番号札を渡され、それを胸に付けるよう言われました。

 

会場の雰囲気は、何か少し薄暗く落ち着いた感じの雰囲気でした。
必要以上に照明が明るくないので、「これなら初対面の人とでも話ができるかな♪」と思いました。

 

プロフィールカード

 

席に着席すると、スタッフからプロフィールカードを渡されました。
プロフィールカードには、自分の名前や年齢はもちろんですが、他にも色々と書く欄がありました。

プロフィールカード

  • 身長
  • 職業
  • 好きなタイプ
  • 結婚観
  • タバコを吸うか
  • 好きなテレビ番組
  • 好きな映画
  • 自分の性格
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 家族構成
  • 結婚歴

 

など、自分のことについて詳しく書くようになっていました。
スタッフの方は、「女性は年齢、職業など相手に知られたくないことは書かなくていいですよ♪」とアドバイスして下さったので、私は自分の下の名前だけを書くことにしました。

 

「行ってみたい場所や、好きなこと好きな食べ物などは、出来るだけ絵で記入して下さい♪」と言われましたが、私は絵が苦手なので好きな食べ物であるケーキだけを絵に書きました。
私がプロフィールカードを記入している間に、続々と参加する方が会場に入って来られました。

 

男性の方はスーツ、女性の方はスカートや着物の方もいます。
女性の方が、みなさん凄くオシャレで綺麗だったので、正直なところ少し気後れしてしまいました。

 

婚活パーティーの流れ&スタート!

 

プロフィールカードの記入が終わると、いよいよパーティーが始まります。
司会者の方が、「では、お話を始めて下さい♪」とアナウンスをすると向かい合わせに座った男性と、「初めまして...」と挨拶してプロフィールカードを交換して1対1で話し始めます。

 

話をする時間は、大体3分ぐらいです。
私は少し緊張しましたが、プロフィールカードがあったので相手の趣味などについて、スムーズに話をすることができました。

 

その後、女性は席を移動しないで、男性が1つずつズレる様に席を移動していきます。
私は、あとから誰とどんなお話をしたか分かる様にチェックシートに、それぞれ男性の印象や番号をメモしておきました!

 

そうしないとアプローチタイムの時などに、「あの人は、何番だったっけ?」と分からなくなってしまうからです。
全員の人と話し終わったら【印象確認カード】に、「話をしてみて感じがいいな♪」と思った人の番号にチェックを付けていきます。

 

印象確認カードは、3人までチェックを付けることができます。
アプローチカード】には、「もう一度、話してみたい!」という人にメッセージを書いたりすることが出来ます。

 

私は、「3番の男性が凄く感じが良いな♪」と思ったので3番の男性に、「良かったら、今度お茶でもいかがですか?」とメッセージを書きました。
記入が終わると、印象確認カードをスタッフの人が回収に来られます。

 

集計してから次の2回目のトークタイムの時に、お渡しするとのことでした。
それから、2回目のトークタイムが始まります。

 

2回目のトークタイム開始!

 

2回目のトークタイムでは【印象確認カード】でチェックした方と、もう一度お話出来るチャンスです!
私は3番と6番の人に凄く好感を持っていたので、お仕事や趣味について色々と聞いてみました。

 

そして、3番の人にメッセージカードを渡しました。
どの人も、みんな感じが良く笑顔が素敵で好印象でした。

 

今回の婚活パーティーでは、「感じが悪いな...」と思う人は1人もいませんでした。
2回目のトークタイムが終わると、ついに最終投票カードを記入していきます。

 

「この人となら、カップルになっても良いな♪」と思う人の番号を、第1希望から第6希望まで書いていきます。
私は、「少しでも、成果を上げたい!」と欲張って、良いなと思った人6人全員の番号を記入しました(笑)

 

特に好印象を持った「3番」と「6番」は、第1志望と第2志望のところに番号を書きました。
最終投票カードは、スタッフの方が回収して集計します。

 

集計が終わると、司会者の方がカップルになった男女の番号を発表していきます。
正直、私は足が不自由なことがコンプレックスだったし、「カップルになれないだろうな...」と思っていたんです。

 

集計の結果は?

 

集計の結果「3番」の男性と、見事カップリングすることができました!
ビックリしましたが、とても嬉しかったです。

 

カップリング後は、会場の外で会うことになっているので、私は会場の外で「3番」の男性をしばらく待っていました。
しかし、男性の姿がなかったのです...。

 

会場を出る時には、番号札を既に全員外していますし、1回3分程度の合計6分お話ししただけでしたので、会場の外に出たらどんな容姿をされていたのか分からなくなってしまったのです。
私は、5分ぐらい会場の外で待っていましたが誰も現れなかったので、そのまま会場を後にしましたが、とても残念な気持ちでした。

 

しかし、初めて参加して男性とカップリング出来たことは、私にとって少し自信になりました。
カップリングしたものの会えなかったので、その男性とお付き合いには至っていません。

 

みんなの婚活ツイート!

 

婚活パーティー参加のアドバイスを一言♪

 

 

自分はコンプレックスがあるからと悲観せずに!
婚活パーティーで印象に残ったお相手とは、積極的に連絡交換をした方が良いと思います♪


 


このエントリーをはてなブックマークに追加