婚活サイトとは?登録から会うまでの流れとメリット&デメリットを解説!

婚活サイトとは?登録から会うまでの流れとメリット&デメリットを解説!

婚活とは「結婚活動」を略して「婚活」と呼び、2008年に発売された中央大学教授「山田昌弘」と少子化ジャーナリスト「白河桃子」の共著である“婚活時代”はベストセラーとなり、流行語大賞にノミネートされた言葉です。

 

ますます進む日本の『少子化・未婚化・晩婚化』を受けて婚活の重要性は更に高まり、世の中には多くの新しい出会いの場を見つける「手段」が増えました。

【新しい出会いの場を見つける手段】

 

  • 婚活サイト
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所
  • 出会い系
  • 合コン
  • 友人の紹介

 

などが代表的ですが、なかでも婚活サイトは「手軽に婚活を始めたい」「マイペースな婚活がしたい」という方にピッタリな婚活方法です。

 

結婚願望のある異性との出会いの場を求めるのであれば、今や婚活サイトの利用は欠かせません。
このサイトでは、実際に婚活サイトを利用した体験談や利用料金にサービス内容など詳しく紹介しています♪

 

 

今さら聞けない!婚活サイトとは?

 

婚活サイト

 

婚活サイトとは、結婚情報サービス会社などがネット上で開設している「結婚情報サイト」であり、主に結婚したい「異性」を紹介するサイトのことです。
大手婚活サイトなら会員数が500万人を超えるマンモスサイトもあり、登録時に本人確認を提出する必要はありませんが異性とのメッセージのやり取りをするには、本人確認のための「身分証明書」の提出が必須となっています。

 

婚活サイトによって「サービス」や「年齢層」などが異なるので、サイトの特徴もそれぞれ異なります。
そのため、婚活サイトによって結婚に対しての本気度が変わってきます。

 

また、ユーザー数の多さは「結婚相談所」と比べて「婚活サイト」の方が圧倒的に多くなっています。
これは、婚活サイトは登録するだけなら無料であるところが多く、手軽に婚活が始められるからです。

 

費用に関しても、婚活サイトに掛かる月会費は1ヶ月約3000円ほどで、一般的にマッチング後のメッセージ交換から有料になるケースがほとんどです。
そのため、「出来るだけ費用の負担を抑えたい」「気になる人が出来てから料金を払いたい」という人にとっては、魅力的な婚活方法といえるでしょう。

 

また、婚活サイトは会社によって様々なサービスを提供しています。

  1. データマッチング型
  2.  

    結婚相談所のデータマッチング型に近いサービスで、自分のプロフィールや相手の希望条件を登録し、データベース上から自分が興味をもった異性へ自由にアプローチするものです。
    婚活サイトが保有しているデータベースは自由に使えますが、婚活は基本的に全て自分で行い、オプションでコンシェルジュのサポートも受けることができます。
    結婚相談所と同様に結婚に対する本気度が高い人が多くいる傾向があります。

     

  3. パーティー型
  4.  

    婚活パーティーに近いサービスで、参加者同士が順番に1対1で会話をしたあとに、「この人良いな♪」と思った人の名前を紙に記入して相手の「OK」が得られた場合に、カップル成立になるというのが一般的な流れです。
    参加人数は、男女各5名程度の小規模なものから、各50名程度の大規模なものまでパーティーの規模にも色々あります。

     

  5. 合コン・街コン型
  6.  

    一般的な合コンと同じように1対1で自己紹介をした後は、参加者全員で会話する形式で行われるパーティー形式です。
    連絡先の交換も自由に行うケースが多く、婚活目的の人に限定した「街コン形式」で行われる婚活パーティーもあります。

 

婚活サイトは利用する場所を選ばないので、いつでもどこでもサイトで閲覧することが可能で、スマホやタブレットを使って空いた時間にお相手を探してメッセージの確認もできます。
ちなみに、婚活サイトはデータマッチング型と区別が付きにくい面がありますが、一般的に婚活サイト型の方が入会の審査が簡単で気軽に登録できるサイトになっています。

 

結婚サイトの登録から実際に会うまでの流れ

 

いざ、婚活サイトに登録しよう思っても、実際に何から手を付けたら良いか分からないですよね。

 

ここでは、婚活サイトの登録から実際に会うまでの流れを詳しく解説していきます。

 

婚活サイト登録

 

婚活サイト登録

 

会員登録は非常に簡単で、気になった「婚活専用サイト」の会員登録ページから、メールアドレスまたはfacebookのアカウントを使用して登録します。

【婚活サイト登録手順】

  1. メールアドレスまたはfacebookで仮登録
  2. 登録アドレスに仮登録メールが届く
  3. 本登録URLをタップして仮登録が完了
  4. 名前・生年月日・PWなど入力して本登録の手続きを行う
  5. 同意して確認する
  6. 会員登録完了

 

一般的には、この流れで婚活サイトに登録していきます。
スマホやパソコンで10分もあれば無料会員登録でき、異性のプロフィールも閲覧することが可能です。

 

意外と知られていませんが多くの婚活サイトは登録して、「どんな人が登録しているのか?」検索してみるところまでは無料で使えます。
中には、実際に相手に「いいね!」を送るところまで無料で出来るサイトもあります。

 

また、無料会員登録の時点では本人確認の提出も必要ありません。

 

プロフィール作成(写真)

 

写真

 

会員登録を無事に終えたら、次に自分のプロフィールを作成していきましょう。
婚活サイトでは、ただ闇雲に異性のユーザーに声を掛けても相手に警戒心を持たれてしまい、なかなか関係が進展しにくいものです。

 

自ら行動することも大切ですが、その前にまずは自分のプロフィールをきちんと設定し、異性の興味を引く工夫をしてみましょう。
とくに、プロフィール作成(写真)は婚活サイトで成功するための第一段階であり、最も重要なポイントだと考えてください!

【プロフィール例】

  • ニックネーム
  • 職業、学歴
  • スタイル
  • 趣味
  • 性格
  • 好みのタイプと相手の年収

 

写真やプロフィールの文章は、検索をすると最初に異性の目に留まりやすい部分であり、第一印象を決めるための重要な要素です。
この2点の仕上がりの良し悪しによって、出会いの入口が広がる可能性が高くなるので、自分の魅力を最大限にアピールできるものを設定しておきましょう!

 

プロフィール写真については、写真の印象を良くする男性女性の髪型や服装のポイントで解説しているプロフィール写真(髪型&服装)の記事を参考にしてみて下さい。

 

婚活サイトの費用について

 

費用

 

結婚相談所にはある「入会金」や「成婚料」が無いので、お安く手軽に婚活が可能です。
また、婚活サイトの料金は婚活サイトやプランにもよりますが、一般的には月額2,000円~4,000円、場合によっては女性は無料という婚活サイトもあります。

 

初期費用 月額料金 6か月セット料金 1年セット料金
一般的な婚活サイト 0円 月額2,000円~4,000円 約21,000円(1ヶ月あたり3,500円) 約31,000円(1ヶ月あたり2,583円)

 

6か月セット料金や1年セット料金にすると、月額の料金は安くなりますが婚活サイトによってはシステムの相性もありますので、最初は月額から始めてその後セット料金にすると良いでしょう。
また婚活サイトによっては、お得に婚活が始められるキャンペーンを行っています。

  • 入会キャンペーン
  • 乗り換えキャンペーン
  • お友達紹介割引

など、キャンペーンが開催される時期を狙って登録すれば費用を抑えることができるので、キャンペーンを活用して登録してみましょう!

 

身分証明書&各種証明書の提出について

 

身分証明書

 

全ての婚活サイトでは、法令により18歳以上であることの本人確認(年齢確認)が義務付けられています。
登録時に本人確認を提出する必要はありませんが異性とのメッセージのやり取りをするには、本人確認のための「身分証明書」いずれか1点の提出が必須となっています。

【本人確認の身分証明書】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

 

それぞれ日本国にて発行されたもので、有効期限内の書類のみ有効です。
身分証明書の提出方法には、2つの方法があります。

  1. スマホで身分証明書を撮影してサイトからアップロードする方法
  2. 身分証明書のコピーを郵送する方法(郵送料は各自ご負担)

 

次に各種証明書の提出ですが、どの婚活サイトでも任意となりますので、何も提出をしなくても活動をすることが可能です。
しかし、各種証明書をすればプロフィール欄へ書類提出済みのマークが表示されるので、プロフィールの信頼度を上げることができます。

【任意提出の各種証明書】

  • 住所証明
  • 収入証明
  • 学歴証明
  • 独身証明

 

これらの証明書類を提出したマークがプロフィール欄へ表示されます。
提出方法は、本人確認書類と同様です。

  1. スマホで各種証明書を撮影してサイトからアップロードする方法
  2. 各種証明書のコピーを郵送する方法(郵送料は各自ご負担)

 

婚活サイトは、費用も安く抑えられ手軽に婚活が出来ますが、登録している会員のプロフィールの信頼度は結婚相談所よりも低いというのが現状です。
そのため、相手の結婚本気度を確認する1つの判断として、お相手のプルフィール欄にある各種証明書の提出をチェックしてみましょう。

 

例えば、収入証明書が提出されているということは「しっかり仕事をしている」という証拠です。
また、独身証明書を提出されているということは、独身であることを公的に証明する書類なので信用できる会員といえます。

 

そのため、証明書の提出は会員の結婚に対する本気度を表すものとなり、提出書類が多ければ多いほど真剣に活動している会員と認識されます。
逆に、証明書を1つも提出していなければ「いたずら」や「ひやかし」と思われてしまい、なかなかスムーズに活動することが出来なくなるかもしれません。

 

また、メッセージを送る側としても証明書の提出は、お相手に安心感を提供することが出来るためメッセージ交換がスムーズに行われるメリットもあるでしょう。

 

お相手探し

 

お相手探し

 

婚活サイトは、大都市圏のみだけでなく地方にも利用者が多いため、地方に住んでいる人でもマッチングしやすいのも特徴です。
会員数が多ければ多いほど、理想の人に出会えるチャンスは増えるので、より多くの人の中から結婚相手を見つけたいという人にとっては嬉しいポイントでしょう。

 

また、婚活サイトでは希望する異性を探しやすいことや、気軽にアプローチができることも大きなメリットです。
『職業・年・体型』など結婚相手に求める条件も分かり、詳しいプロフィールなども閲覧できます。

【お相手検索】

  • 性別
  • 年齢
  • 地域
  • 身長
  • 体型
  • 職業
  • 年収

 

から検索して、気になるお相手を探していきます。
基本的に、結婚相談所はスペック重視の傾向ですが、婚活サイトは写真が重視される傾向が強いです!

 

もちろん、職業や年収などのスペックも大切ですが、写真がダメだとプロフィールのスペック欄を見てもらう機会も少なくなります。
そのため、プロフィールの写真には特に力を入れるようにしましょう!

 

気になる異性を見つけたら、相手にメッセージを送り返事が返ってくればマッチング成功です♪
簡単にメッセージのやり取りができ、複数人同時にメッセージのやり取りをすることもできます。

 

やり取りをする中で直接会ってみたいと思ったら、お互い約束を取り付けてデートをする流れとなります。
結婚相談所と比べて気軽に婚活できるため、恋愛経験問わずに始めやすいのがポイントです。

 

メッセージ交換

 

メッセージ交換

 

婚活サイトで気になる相手を見つけたら、積極的にアプローチをして距離を縮めていきましょう。
また、アプローチは1人に絞り込んで仲を進展させるよりも、同時並行で複数人と仲を深めていった方が、時間を無駄にせず効率的に相性の良い人を探せます。

 

しかし、手当たり次第に多くの異性にアプローチをすることは、避けた方が良いでしょう。
手当たり次第にやり取りをしていると、どうしても対応が雑になってしまったり、返信が適当になってしまいがちです。

 

そのため、アプローチをする人はある程度絞り込んで、コミュニケーションを取りながら仲を深めていく方法がオススメです。
また、基本的に初めて送る異性へのメール内容は、ワンパターンでも問題ありません

 

なぜなら、婚活サイト内の会員というのは「既に相手が見付かっている」「全くログインしていない」などの場合もあり、必ずしも全員がアクティブ会員とは限らないので、ワンパターンでも好印象を与えるメッセージ内容を送れば大丈夫です。
以下は実際にメッセージを貰った時に、どんな内容に好印象だと感じたか?その意見です。

  1. 「初めまして」「お疲れさま」「おやすみなさい」など挨拶をしっかりしてくれる
  2. 最初は丁寧に敬語を用いて送られてくるメッセージは印象が良かった
  3. 文章が長すぎない方が個人的にはやり取りしやすく返しやすいので話が盛り上がると思う
  4. お互いの共通点や趣味が合えば話が盛り上がって会ってみようという流れになる
  5. 比較的近くの方とマッチングする可能性が高いのでお互いが良く行く飲食店が被った時は話が盛り上がる

 

これを参考に、コピペ文を作成していきます。
メッセージは、200~300文字くらいの読みやすく好感が持てるような内容が良いでしょう。

【コピペ文例】

 

はじめまして○○と申します。△△さんのプロフィールや日記を拝見し、気になってしまったので連絡しました!

 

△△さんは、本を良く読むということでプロフィールの文章がとても魅力的で、ユーモアもある知的な印象が素敵だと思いました。

 

実は私も本が大好きで、今は□□は読んでいます♪

 

△△さんのお気に入りの本、私も読んだことがあるんですが、その作家さんの文章が好きで他にも数冊ほど読みました。

 

最近はどんな本を読んでいらっしゃいますか?私はジャンルにこだわりがないので、△△さんのオススメの本などあれば教えてください!

 

もし宜しければ、お返事をお待ちしています。

 

この様なコピペ文を送って、写真やプロフィールがしっかりと出来ていれば大体10~20%ぐらいの確率で返信があります。
返信が来た方に対しては、相手のプロフィールをしっかりと見てメッセージのやり取りをしていきます。

 

また、相手とやり取りをする際には直ぐに連絡先を聞くことは避けた方が良いでしょう。
個別の連絡先を知りたがると、相手に警戒心を与えてしまいます。

 

その後、何度かやり取りを重ねて相手の警戒心を解くことが大切です。
「気に入った相手と早く関係を進展させたい!」という気持ちは理解できますが、焦らずじっくりと関係を築いていくことが何よりも結婚への近道になるはずです。

 

相手をデートに誘う

 

デート

 

メッセージのやり取りを重ねていく内に、お互いに会いたいという気持ちが固まったら、約束を取り付けて実際に会うことになります。
どのようなタイミングで会うかは、相手に合わせる方が無難です。

 

しかし、実際は「相手から返信があるだけで満足してしまう」「奥手な性格でデートに誘えない」など、いつまでも経っても関係が進展せずに、どちらかが退会してしまったり完全に関係が途絶えてしまうケースが多いです。
婚活サイトでは、結婚相談所のように双方の仲を取り持ってくれるサポートがないので、自分でデートに誘ったり場所や時間も決めて行動を起こさないといけないのです。

 

そのため、まず大切になるのがこの2つです!

  1. 相手の連絡先を聞き出す
  2. 相手をデートに誘い出す

 

例えば、相手と本の話題で盛り上がったら、「今度、良かったらカフェで本について話さない?」などと、自然な流れで誘っていきます。
しかし、デートに誘い出すのが早すぎてもダメですし、遅すぎてもタイミングを逃してしまいます

 

そのため、大体メッセージは15往復以上やり取りをしたら、デートに誘い出すようにしましょう。
注意点として、無理に相手を誘ったり何度もしつこく声を掛けたりすると、相手に警戒されてしまいます。

 

相手を誘う目安としては、やり取りをしてから2週間経ってもまだ連絡頻度が落ちていなければ、相手も会うことを視野に入れている可能性があります。
また、会う約束をする際には、自宅やドライブなどの密室空間は相手の警戒心を強めてしまうので、避けた方が無難です。

 

カフェやレストランなど、たくさんの人が集まる場所なら相手も安心感を持ちやすいでしょう。
会う時間帯は遅すぎる時間や早すぎる時間は避けて12時~19時くらいがベターです。

 

相手と会う際には、服装選びも重要なポイントです!
ラフ過ぎず、フォーマル過ぎない清潔感のある服装を心掛けましょう。

 

結婚サイトのメリット

 

  • 低コストで婚活が始められる
  • 思い立ったら手軽に始められる
  • PCやスマホから簡単に登録できる
  • スマホやPCから空いた時間に探せる
  • 料金が月額定額制でリーズナブル
  • 有料のオプションを付けて婚活のプロからアドバイスを受けられる
  • 理想の条件に合致する人を探せる
  • じっくり相手を確かめながら婚活が可能
  • 結婚相手が見つかるまで気軽に婚活できる
  • 各種証明書の提出は任意でOK
  • 違う地域の人と出会える

 

結婚サイトのデメリット

 

  • 担当カウンセラーからのアドバイスがない
  • アドバイザーによる手厚いサポートが受けられない
  • 結婚を意識していない人が婚活サイトに登録しているケースもある
  • 独身証明書などの提出は入会時に不要なため婚活サイトを利用している人のなかに既婚者が紛れ込んでいる可能性がある
  • 「年齢」「年収」「学歴」など嘘の申告が可能
  • 実際に会うことになってもインターネット型の場合は担当者の同席がない
  • 相手が待ち合わせ場所に現れない可能性もある
  • 結婚ではなく出会い目的のユーザーがいる
  • 自分からデートのお誘いなどしなければならないので積極性やコミュニケーション能力が必要とされる
  • 実際にお相手と会える確率が低い
  • 40代以上の場合はインターネット型のみで理想のお相手と出会えるかどうか難しい


このエントリーをはてなブックマークに追加