【シニア婚活】結婚相談所から熟年交際へ!|婚活体験談ブログ

【シニア婚活】結婚相談所から熟年交際へ!

 

自分の詳細

  1. 性別

    男性

  2. 年齢

    50歳

  3. 職業

    会社員(事務系)

  4. 年収

    約600万

  5. 容姿

    背が高い/ポッコリお腹/頭髪が薄い

  6. 活動エリア/活動期間

    東京/約1年2ヶ月

お相手の詳細

  1. 名前

    ヨウコさん

  2. 性別

    女性

  3. 年齢

    48歳

  4. 職業

    事務職

  5. 年収

    約400万

  6. 容姿

    小柄/ポッチャリ

  7. 活動エリア/活動期間

    東京/約1年間

 

 

結婚相談所を利用したきっかけ

 

中高年カップル

 

私が結婚相談所に入会して、婚活をしようと考えたきっかけは50歳の誕生日を目前に控えたころでした。
私は恋愛経験が乏しかったのですが、「いつかは女性との出会い結婚することが出来るはずだ!」と自分の結婚について楽観的に考えていました。

 

しかし、50歳という年齢が目前に迫り、さすがに焦りを感じました。
このままでは、「1人ぼっちで老後を過ごし、1人ぼっちで死んでいかねばならないのか...」と思うと恐怖感さえ抱いたのです。

 

そのため、結婚相談所に入会し、コンシェルジュから細かいアドバイスを頂きながら、二人三脚でシニア婚活を頑張ろうと決心したのです。

 

みんなの婚活ツイート!

 

コンシェルジュからのアドバイス

 

結婚相談所に入会すると、コンシェルジュというアドバイザーが付いて何度か面談を重ねました。
その際コンシェルジュからは、時には厳しいアドバイスを貰いましたし、時には参考になるアドバイスも頂けました。

 

そのアドバイスというのは、まず50歳という年齢での婚活は正直厳しいということです。
そもそも希望条件に合う人に出会える確立が低いうえに、相手から選んで貰える可能性も少なくなりますから、交際にまで辿り着けずに終わってしまうことが多いのです。

 

現実的に婚活をしている女性の多くは、3歳~4歳年上程度を希望していることが多く、一般的な50代男性が一回り以上も年下の女性を結婚相手に望むのは、高望みといっても過言ではなく、理想は理想として現実を見つめ直す必要があるということでした。
しかし、若い男性にはない50代男性の魅力である安定した経済力包容力をアピールして下さい!と、具体的なアドバイスを頂きました。

 

女性達も自分一人で稼げるお金には限界を感じやすく、経済的に支え合える男性を求めています。
その点、50代男性は会社でも役職についていたり長年のキャリアや人脈があるので、女性が婚活相手に求める安定した生活ができる経済力があります。
また、年齢的にも若い時に比べて性格が丸くなり、包容力が身についた男性なら全然チャンスはあるとのことでした。

 

アドバイスを頂いた後に実際に紹介して頂ける女性の話になり、「20代~30代の女性も視野に入れつつ、基本的には年齢も近い40代女性をご紹介したいと思います」という話になりました。
入会する前に色々と制約はあるだろうと思っていましたが、コンシェルジュからハッキリ言われたことで、逆にシニア婚活の覚悟を決めることができました!

 

外見についてのアドバイスも

 

さらに、コンシェルジュからは外見についてのアドバイスも頂けました。
それは、出来るだけ清潔感を相手の女性に感じてもらう努力をすること!

 

「思い切って髪の毛をスポーツ刈りや、5分刈りまで短く刈ったほうが女性に対して清潔感を与えますよ♪」と言われ、私は素直に実行してみました。
これが意外と格好良く見えるので不思議でしたが、さすがコンシェルジュですね!

 

お見合い相手の紹介

 

コンシェルジュからは、毎月5名程度の女性を紹介して頂けました。
男性の年齢が30代前半であれば、毎月10名程度の女性を紹介できるそうですが、50歳の男性相手となると紹介できる女性の人数には限りがあるため、そこは受け入れて欲しいと言われました。

 

紹介された女性のほとんどの方が、40代から50代前半の年齢で、中には30代の方もいましたが20代となると中々厳しいものがありました。
私は自分より年上の女性についてはお断りをして、30代~40代の女性に絞ってお見合いの申し込みをしました。

 

お相手の年齢的に子供を作れるかどうかは、かなり不透明とは思いましたが残りの人生を豊かなものにするために、穏やかな性格の女性と出会いたいと思っていました。
そして、入会してから10ヶ月が経過した時、40代後半の女性を紹介されたのですが、直感的に「この人だ!」と思いました。

 

人間は男性でも女性でも、社会に出て数十年経過すると社会の荒波に揉まれて目つきが厳しくなるものですが、この女性は優しい穏やかな目をしていたのです。
この人となら、穏やかな人生を送っていけると直感的に感じたので、すぐにお見合いを申し込みました。

 

ちなみに、この女性がヨウコさんでした。

 

お見合いでのやり取り

 

ヨウコさんからは、お見合いをお受けすると返事を頂き、最初は有名ホテルの喫茶室でお会いしました。
私はコーヒーを、彼女は紅茶を飲みながら1時間ほど話をしました。

 

初めから私が自己紹介をしたり、趣味のロードサイクリングの話をして一方的に喋り続けしまい自分の悪い癖が出てしまいました。
ヨウコさんは優しく話を聞いてくれていましたが、やはり相手の話を聞くという姿勢でお見合いすべきでした。

 

お見合いが終わる頃には内心、「お見合いは失敗かな...」と思っていましたが、お見合いをしてから3日後に結婚相談所から、「ヨウコさんから交際OKの返事を貰った♪」と連絡を貰い、私は嬉しく思ったのと同時に次からはヨウコさんに丁寧な姿勢で向き合うことに決めました。

 

ヨウコさんとの交際

 

ヨウコさんの電話番号を教えて貰い早速連絡を取り、ヨウコさんが趣味にしている美術鑑賞に出かける約束をしました。
東京の上野公園には、複数の美術館や博物館があるためデートをするには良いスポットです。

 

ヨウコさんは何度も来たことがあるようで、とても優しい表情をしていました。
美術館内では、ヨウコさんが展示作品の説明をしてくれたり、自分も気になる作品があればヨウコさんに尋ねるようにして、終始話を聞く姿勢で向き合いました。

 

その後、美術館内のレストランで休憩している時にヨウコさんが嬉しそうに、「美術作品に興味を持って貰って凄く嬉しいです♪」と、言ってくれたのです。
私は、ヨウコさんの説明が上手で聞き入ってしまいましたよ♪と会話をして、とても和やかなムードでデートを終えることが出来ました。

 

この年になると、つい慣れ慣れしい態度をしてしまったり、相手を敬う気持ちがなくなってしまったりすることがありますが、例え相手が年下であっても腰を低く丁寧な姿勢を取るということを忘れてはいけないと婚活を通じて思いました。

 

その後の交際

 

私とヨウコさんは、それから毎週デートを重ねています。
デートを重ねる度に、会話の内容は深まっていき、今ではもっとお互いの理解が深まっていると感じます。

 

当初は、趣味の話や仕事の話しかしませんでしたが、次第に家族構成の話や私の年収の話などもするようになりました。
また、私が50歳ということもあり彼女から、「体調は良い?」「健康診断の数値はどうなっているの?」ということまで質問されて困ったこともあります(笑)

 

今後は、熟年結婚へ向けてお互い素敵な関係を築けるように交際を続けていきたいと思っています。

 

結婚相談所利用のアドバイスを一言♪

 

 

相手に思いやりを与えることが中高年の婚活の成功の秘訣です!


 


このエントリーをはてなブックマークに追加